[PR]

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の「日報」をめぐる問題で、稲田朋美防衛相は9日、防衛省が「廃棄」していたとする文書を昨年12月26日に見つけながら、自らへの報告が1カ月遅れの1月27日だったことを明らかにした。野党は「意図的な隠蔽(いんぺい)」と批判した。

 衆院予算委員会で、民進党の後藤祐一氏の質問に答えた。

 大臣への報告が1カ月遅れた理由について、稲田氏は「統合幕僚監部で事実関係を確認し、最終的に開示するにあたり不開示とすべき箇所の判断に時間を要した。隠蔽の意図があったとの指摘は当たらない」と説明した。

 後藤氏は、日報などの情報公開請求に対して防衛省が廃棄を理由にいったん「文書不開示」と決定したことについて、「情報公開法違反で、これ自体が隠蔽工作だ」と批判。稲田氏は「防衛省として文書を捜索しきれなかったことはあるが、法令違反ではない」と否定した。

 日報の保存期間が「1年未満」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら