[PR]

 南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)をめぐり、稲田朋美防衛相が8日の衆院予算委員会で「国会答弁する場合には、(戦闘という)憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから『武力衝突』という言葉を使っている」と答弁したことについて、菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で「(PKO参加5原則が崩れた状態としないために言い換えているとの)批判は当たらない。全く問題ない」と述べた。

 さらに同日午前の衆院予算委員会で、民進党の後藤祐一氏が稲田氏の辞任を要求したことに対しては、「(稲田氏は)政府の認識を説明しているのであり、辞任の指摘は当たらない」と反論した。

こんなニュースも