[PR]

 安倍晋三首相は9日夜、トランプ米大統領と首脳会談を行うため、ワシントンに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。会談では日米同盟の強化を確認し、通商政策や経済協力のあり方をめぐって協議する見通しだ。会談後には大統領とゴルフをして、個人的な信頼関係の構築も目指す。

 首相は出発前、羽田空港で記者団に「トランプ氏との間で、日米同盟関係がさらに強固になっていくメッセージとなるような会談にしたい」と語った。会談の主要テーマとなる経済関係については、「自由で公正なルールに基づく両国の経済関係をさらに発展させていくことを確認する」と説明。トランプ氏が離脱を表明した環太平洋経済連携協定(TPP)について「日本の立場をしっかりと説明したい」とも述べた。

 両首脳は10日昼(日本時間11日未明)、ワシントンのホワイトハウスで首脳会談を行い、終了後に共同で記者会見する。首相には麻生太郎副総理兼財務相と岸田文雄外相が同行。麻生氏はペンス副大統領、岸田氏はティラーソン国務長官とそれぞれ会談する予定だ。

 首相とトランプ氏は会談後、大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら