[PR]

 加賀藩ゆかりのキリシタン大名・高山右近がカトリックの「福者(ふくしゃ)」になったことを記念し、右近の知行地があったとされる石川県志賀町が「右近かりんとう」を作った。

 カトリックで「聖人」に次ぐ崇敬の対象の福者。かりんとうの箱には、金沢美術工芸大生がデザインしたゲームキャラ風の「イケメン」右近が描かれた。

 能登野菜の中島菜と能登かぼちゃ、紫芋、コーヒーの4種類の味で、17日から販売予定。町の担当者は「ウコン味もこれから検討します」。