[PR]

 トランプ米大統領の顧問コンウェイ氏が9日、トランプ氏の長女イバンカ氏が手がけるファッションブランド「イバンカ・トランプ」を「買いに行こう」とホワイトハウスから呼びかけた。売り上げ低迷を理由に米大手百貨店が販売中止を決めたことを受けた発言だが、連邦規則に違反する可能性がある。

 トランプ氏に好意的な報道姿勢で知られる、フォックス・ニュースの番組内でのインタビューに、ホワイトハウスから中継で応じた。コンウェイ氏は「素晴らしい商品で、私もいくつか持っている。私はここで無料の宣伝をします。みなさん、今日買いに行きましょう」と話した。

 米国の連邦規則は、行政機関の職員が自分や知人などの利益のために官公庁を使うことを禁じている。下院の監督・政府改革委員会のチェイフェッツ委員長(与党・共和党)は、コンウェイ氏の発言がこの規則に違反する可能性があるとして政府に調査を求めた。

 一部の百貨店による「イバンカ・トランプ」の販売中止を巡っては、トランプ氏も8日、ツイッターで「私の娘が、あまりにも不当に扱われた。彼女はすばらしい人間で、いつも私が正しいことをするように後押ししてくれるのに、ひどいことだ!」と批判している。(ワシントン=津阪直樹)

こんなニュースも