[PR]

 米ツイッターが9日発表した2016年10~12月期決算は、純損益が1億6705万ドル(約190億円)の赤字だった。赤字幅は前年同期(9023万ドル)より拡大した。ツイッターは、トランプ米大統領が情報発信に使って注目を集め、「トランプ効果」も期待されたが、業績への影響はほとんどなかった。

 フェイスブック傘下のインスタグラムやスナップチャットといったライバルとの競争で収益改善が遠のいている。売上高も前年同期比約1%増の7億1720万ドルにとどまった。(ニューヨーク=畑中徹)

こんなニュースも