[PR]

 1歳の男児の顔に落書きしたり、聴診器のチューブを鼻に押し入れたりしたとして、警視庁はともに東京都足立区に住む母親で無職の少女(19)と交際相手で建設業の少年(19)を暴行容疑で逮捕し、10日発表した。少女はこの様子を撮影し、ツイッターに投稿して公開していた。

 少年事件課によると、少女らの逮捕容疑は昨年10月11日~11月26日、少女の自宅で男児のおでこや目尻などにペンのようなもので落書きし、鼻や口に聴診器のチューブを押し込むなどの暴行をしたというもの。少年は「遊び感覚で悪ふざけだった」と容疑を認め、少女は「写真は撮ったが、チューブを入れたのは私ではない」と容疑を否認しているという。

 少女の携帯電話には、チューブを出し入れする様子の動画が保存されており、大人の笑い声も聞こえるという。この画像の投稿を発見した人から、他県警を通じて同庁に情報提供があった。

 同課は今年1月、男児の手足を粘着テープのようなもので縛った暴行容疑で少女と別の知人の少年(16)を逮捕。知人の少年もツイッターに手足が縛られた男児の写真を投稿していた。