[PR]

 県は10日、「耀(かがや)く若者」奨励賞を創設し、卓球の全日本選手権女子シングルスで史上最年少優勝を果たした平野美宇選手(16)に贈ると発表した。

 未来を担う若者の功績をたたえるとともに、様々な分野で活躍する若者が出てきてほしいという狙いから、奨励賞を設けた。

 平野選手は中央市出身で、2歳から田富北小学校を卒業するまで過ごした。後藤斎知事は「平野選手の活躍は、スポーツ界はもとより様々な夢を抱く若者たちに勇気と希望を与えた」とコメントした。