[PR]

 大王製紙は10日、日清紡ホールディングスの製紙事業を約250億円で買収すると発表した。堅調なトイレットペーパーやティッシュペーパーなど家庭で使われる紙を強化し、成長につなげるためだ。

 大王は4月、日清紡が静岡県、徳島県に持つ国内計3工場と従業員約450人を引き継ぐ。日清紡の高機能ティッシュ「コットンフィール」や「シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー」を製品群に加えることで、「市場拡大の成長エンジンになる」(大王経営企画部)と期待する。

 大王は業界4位にもかかわらず、ティッシュペーパー「エリエール」などを持つことで家庭紙の国内シェアは約23%(2015年度、売上高ベース)にのぼり、業界2位の日本製紙(約12%)を引き離してトップに立つ。得意の市場で地位を確実にする。

 日清紡はかねて、売上高の約6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら