[PR]

井上義久・公明党幹事長

 (少年法の適用年齢を「20歳未満」から「18歳未満」に引き下げるかなどを、法相が法制審議会に諮問したことについて)可塑(かそ)性のある18歳、19歳の少年が罪を犯した時にきちっと更生の機会を与えるのが少年法の目的だ。再犯率をみても、少年法の適用対象で少年院から出てきた人の再犯率は、少年法を適用されていない成人の再犯率よりもずっと低いわけで、少年法の果たしている役割は極めて大きい。

 したがって年齢の引き下げについては、更生という観点で私は極めて慎重であるべきだと思っている。その考えは私自身は一貫している。(記者会見で)

こんなニュースも