[PR]

 お笑い芸人で作家の又吉直樹さん(36)が、芥川賞受賞後第1作となる新作小説を発表する、と新潮社が13日発表した。初の恋愛小説となる「劇場」で、400字詰め原稿用紙300枚の長編。3月7日発売の「新潮」4月号(新潮社)に掲載される。

 又吉さんは、2015年に初の本格的な小説となる「火花」を発表し、同年の芥川賞を受賞。280万部を超すベストセラーとなった。新作執筆に密着したNHKスペシャルが2月26日、NHK総合で放送される。

 「文学界」3月号(文芸春秋)に掲載されたインタビューで又吉さんは、新作に臨む心境について「二作目は、周りの反応が一回聞こえてしまったり、一作目より良いのを書こうと思ってしまったりするから、絶対一つ目より難しいんですよ」「全力を尽くして、それであかんかったら怒られるだけやなと。でも、また色々言われたら気にはなるんでしょうけどね」と明かしている。(板垣麻衣子