[PR]

 菅義偉官房長官は12日午前、首相官邸で臨時の記者会見を開き、「午前7時55分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したとみられる。排他的経済水域内ではないと推定される」と発表した。

 菅氏は訪米中の安倍晋三首相にミサイル発射について報告。首相から、①情報収集、分析に全力を挙げ、国民に対し、迅速、的確な情報提供を行うこと②航空機、船舶等の安全確認を徹底すること③不測の事態に備え、万全の態勢をとることの3点について指示があったと説明した。

 菅氏は「現時点で付近を航行する航空機、船舶への被害報告などの情報は確認されていない」とし、「ミサイル発射は極めて問題のある行為であり、安保理決議などの明白な違反」と批判。「断じて容認できない」として、北朝鮮に対して厳重に抗議を行ったことを明らかにした。

 また菅氏は、同日午前の2度目の会見で「日米首脳会談が行われた直後に発射したことに鑑みても、我が国および地域に対する明らかな挑発行為だ」と指摘。「日米首脳会談でも確認された通り、北朝鮮に対し、核および弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求めていく。米国や韓国をはじめとする関係国と緊密に連携し、いかなる事態にも対応ができるよう緊張感をもって必要な対応に万全を期していく」と語った。

 稲田朋美防衛相は同日午前、防衛省で記者団に「北朝鮮西岸から弾道ミサイルを東方向に発射した模様だ。ミサイルは約500キロ飛翔(ひしょう)し、北朝鮮東岸から東に約350キロの日本海上に落下したものと推定される」と述べた。

こんなニュースも