[PR]

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、韓国政府は12日午前、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を大統領府の金寛鎮(キムグァンジン)・国家安保室長の主宰で緊急開催し、対応を協議した。

 韓国大統領府によると、金室長は12日午前、フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で対応を協議し、米韓で緊密に連携し、北朝鮮の挑発を抑えるため、可能なすべての方策を模索していくことを確認した。

 黄教安(ファンギョアン)首相(大統領権限代行)は12日、「国際社会とともに相応に懲らしめるよう最善を尽くしている」と強調した。口蹄疫(こうていえき)と鳥インフルエンザの拡大を受けた官民合同会議で述べた。

 韓国外交省報道官は、今回の発射を「強く糾弾する」との外交省声明を発表。「堅固な韓米連合防衛態勢をもとに北韓(北朝鮮)の核・ミサイルの脅威を抑制していく一方、北韓のいかなる脅威にも一寸の揺らぎもなく国民の生命と韓国の安保を守っていく」と強調した。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の権限が弾劾(だんがい)訴追によって停止された後、初めて。

 一方、次期大統領選で支持率トップの最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表は12日、ミサイル発射を批判しつつ、「韓国の最近の政治状況に、どのような目的を持ってそんな挑発をするのか、不純な底意を疑わざるを得ない」とフェイスブックに投稿した。(ソウル=東岡徹