[PR]

 海上自衛隊佐世保地方総監部(長崎県佐世保市)は12日、三重県沖の伊勢湾での訓練を終えて母港の佐世保基地に向けて訓練航行していた掃海艇「やくしま」(乗員約45人)で、同日午前8時45分ごろ、20代の男性機関科員(海士)が海中に転落し、行方不明になっていると発表した。

 現場は高知県の室戸岬灯台から南方約10キロの海上。男性は甲板での訓練作業中に誤って落ちたらしい。現場周辺を海自の艦艇やヘリコプター、海上保安庁の巡視船などが捜索している。事故が起きた当時の天候は晴れで視界は良好だったという。