[PR]

 自民党は12日夕、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、対策会議を開いた。二階俊博幹事長は「日米首脳会談の直後に発射したことに鑑みても、わが国への明らかな挑発行為。断じて容認できない」として、北朝鮮を強く批判した。出席者からも「(会談に)ぶつけられたんじゃないか」など、首脳会談のタイミングに合わせた発射との指摘が相次いだという。

 対策会議では、独自制裁を強化することも含め、日本政府に厳しい対応を求めることを確認した。

こんなニュースも