[PR]

 東山動植物園(名古屋市)のライオンで、首に大きな「こぶ」があったソラ(雄、4歳)。ホルモンの分泌異常で甲状腺が膨らみ、成長が遅れるなどの症状が出ていたが、投薬治療で今やすっかりたくましい姿に。こぶも徐々に小さくなった。園によると、ライオンの甲状腺の投薬治療は珍しいといい、2月にあった動物園職員が集まる全国会議で事例報告したという。

 ソラのこぶは1歳を迎えるころから目立ち始めた。3歳になっても犬歯が小さく、たてがみも短いなど外観は「子ライオン」のまま。食欲も減り、えさを残すこともあったため、園は経過観察を続けていた。

 実は、ソラと双子のステラ(雌)にも、同じようなこぶがあった。園が2015年5月にステラのこぶを手術で摘出したが術後に容体が急変し、死んでしまったという。2歳だった。

 園はステラのこぶを解剖し、ソラの血液検査のデータとあわせて、甲状腺が膨らんでこぶになるメカニズムをつきとめた。病名は原発性甲状腺機能低下(クレチン症)。ライオンでは報告例がないという。

 人間もライオンも、おとなの体…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら