[PR]

 関西空港と大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートの陣営が、神戸空港の運営権を握る方向になった。神戸市にとっては、3空港の一体運用という希望がかなう。だが、空港が抱える課題が解消されたわけではない。厳しい規制が課された空港を生かす道筋を考えるのはこれからだ。

ライバルの双日「参加断念」

 「神戸空港の関西圏における位置づけ、当社が参画した場合にどう価値が向上できるかなど、様々な検討をしたが断念した」。双日の担当者は取材に対し、神戸空港の運営権を売る入札への参加をあきらめた理由をこう説明した。

 唯一、入札に参加することになった関西エアポート陣営も、当初は「神戸空港は、関空と伊丹の経営が軌道に乗ってから」(同社の山谷佳之社長)と及び腰だった。神戸空港を生かす道筋が明確に見えているわけではないからだ。同社のある幹部は「自ら船に乗り込んだというより、乗せられた気分」とこぼしていた。

 それでも関西エアポートの陣営が神戸空港の運営権獲得に乗り出したのは、騒音を気にせず、24時間使える海上空港の潜在能力を評価するからだ。

 神戸空港の足かせは厳しい運用…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも