[PR]

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)をめぐり、陸上自衛隊の派遣部隊の2016年7月9日の「日報」に、首都ジュバの様子について「戦闘」という表現があることが新たにわかった。防衛省が13日、同月7~9日の日報を公表。同省が今月7日に発表した日報と同様の表現があった。

 派遣部隊の日報をめぐっては、ジャーナリストが「南スーダン派遣施設隊が現地時間で2016年7月7日から12日までに作成した日報」を開示請求したが、昨年12月、「廃棄」扱いで不開示となった。その後、防衛省は電子データが見つかったとして公表。「戦闘」という表記があったため、現地情勢がPKO派遣要件を満たしていないなどと野党が追及。文書の取り扱いについても問題視されている。

 新たな日報は、民進党の要求を受けて同省が13日に開示。16年7月9日の日報では「8日夕、ジュバにおいてSPLA(大統領派)とSPLA―iO(前副大統領派)との戦闘が生起した模様。細部経緯は不明」と記載。さらに「(現地報道によると)戦闘により、双方合わせて約150名の死傷者が発生している模様」「(両派の)抗争は抑制されておらず、更なる抗争の悪化に注意が必要」との記述もあった。

 日報に記載された「戦闘」の意…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら