[PR]

 安倍晋三首相は、トランプ米大統領との2日間にわたる一連の訪米日程を終えた。4度の食事や27ホールも回ったゴルフなど、11時間以上もの時間を2人で過ごした。豪華な別荘やゴルフ場で繰り広げられた突出した「親密ぶり」で首相が得たものは何なのか。そして、異例の厚遇でもてなしたトランプ氏の狙いは何か――。

 「世界で一番忙しい大統領の時間を取ることは簡単でない。いっぱい話をするチャンスがあった」。首相は帰国後の13日夜、BSフジの報道番組で、「ゴルフ外交」の成果を強調した。

 首相は10日夜からフロリダ州…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら