[PR]

 稲田朋美防衛相は14日午前の閣議後の会見で、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは「固体燃料を使用した、新型の地上発射型弾道ミサイルの可能性がある」と指摘した。

 稲田氏によると、防衛省は北朝鮮の労働新聞が公表した画像を分析。固体燃料を使った際の特徴である放射状の噴煙が写っていたことから「可能性がある」と判断したという。

 稲田氏は「液体燃料に比べると、固体燃料は即時発射が可能で、発射の兆候が事前に察知されにくいなど、軍事的に優れている。日本にとっても軍事的に脅威だ」と述べた。