[PR]

 第67回ベルリン国際映画祭で13日夜(日本時間14日早朝)、最高賞の金熊賞をめざすコンペティション部門に日本から参加しているSABU監督の「ミスター・ロン」の公式上映があった。

 上映に先立ち、主演をつとめた台湾の人気男優のチャン・チェンさん、台湾の女優のイレブン・ヤオさん、劇団EXILEの青柳翔さんが監督と共にレッドカーペットを歩いた。上映終了後には、会場は大きな拍手に包まれた。

 一昨年の「天の茶助」に続いてベルリンのコンペ部門に参加したSABU監督は、「自分の得意としているものを全部出した作品で、結果が出せた」と手応えを語った。青柳さんは「観客のみなさんが、真剣に感情移入してみてくれたことに感動しました」と話した。主要な受賞作は18日夜(日本時間19日未明)の授賞式で発表される。(ベルリン=伊藤恵里奈)

こんなニュースも