[PR]

 奈良県桜井市の長谷寺で14日、千年以上続くとされる春を呼ぶ火祭り「だだおし」があった。重さ約120キロ、長さ約4・5メートルの大たいまつから火の粉が舞い、鬼が本堂のまわりを練り歩いた。

 ほら貝や太鼓の音とともに赤、青、緑の面をつけた鬼が「うおー」と声をあげて登場。僧侶がお札の力で鬼を本堂の外に追い出し、鬼は大たいまつとともに参拝者を威嚇しながら回廊をめぐった後、退散した。

 罪や過ちを仏前で悔い改め、心身を清める修二会(しゅにえ)を締めくくる儀式。たいまつの燃えかすは厄よけや無病息災の御利益があるとされ、参拝者が持ち帰った。(田中祐也