[PR]

 自宅で母親を殺害し、遺体を遺棄したとして、三重県警は15日、同県四日市市の県立高校3年生の少年(18)を殺人と死体遺棄の疑いで逮捕したと発表した。「自分がやった」という趣旨の供述をし、容疑を認めているという。

 発表によると、少年は14日、同市の自宅内で母親(47)の首をナイフのようなもので数カ所刺し、死体を敷地内にあるプレハブの物置に遺棄した疑い。

 同日午後11時ごろ、少年の父親(48)が遺体を見つけて「妻が死んでいる。息子が殺したかもしれません」と通報した。少年から事情を聴き、15日未明に現場で緊急逮捕した。

 血痕が自宅内の数カ所にあり、拭き取った跡もみられたという。遺体は物置内で仰向けに寝かされていた。頭に打撲の痕があったほか、顔にはうっ血もあったという。凶器の刃物は自宅にあったものを使用したとみて、県警が調べている。

 少年は両親と中学生の妹との4人家族。少年は大学受験を控えており、14日は学校が休みだったという。