[PR]

 睡眠や目覚めにかかわる脳内物質オレキシンが、細菌感染で毒素が全身に回って重篤な状態に陥る「敗血症性ショック」の治療薬になる可能性があるとする研究成果を、筑波大の柳沢正史教授らの研究チームが発表した。マウスの実験で生存率が大幅に改善したという。

 敗血症性ショックは有効な治療法が確立しておらず、多臓器不全などを起こして死亡する危険が高い。

 研究チームは、マウスに敗血症性ショックを起こす毒素を投与し、オレキシンか生理食塩水を24時間かけて背中に皮下注射して経過を観察した。毒素投与の30分前から予防的に注射を始めた10匹ずつのグループでみると、5日後の生存率がオレキシンでは90%で、生理食塩水の30%を大きく上回った。毒素投与の30分後から始めた10匹ずつのグループでは、オレキシンが50%で、生理食塩水は10%だった。

 皮下注射したオレキシンは通常、脳内に届かない。だが、研究チームが調べたところ、敗血症性ショックの状態ではオレキシンは脳を守る「血液脳関門」を通過して脳内に届いていた。研究チームは、オレキシンが脳内で免疫や体温調節にかかわる中枢神経の働きを活発化させることで、全身で炎症物質の濃度が下がり、体温や血圧の低下といったショック症状の改善につながったとみている。

 柳沢教授は「既存の治療法との相乗効果が期待できる。作用のメカニズムを解明したい」と話す。サルでも研究を進めているという。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(吉田晋)