[PR]

 フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は19日、韓国・江陵アイスアリーナで男子フリーがあった。ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は今季自己ベストの206・67点をマークし、フリー1位となった。SP首位のネーサン・チェン(米)は204・34点でフリー2位。しかし、合計点では羽生が3・75点及ばず、逆転優勝はならなかった。

 羽生は3種類の4回転ジャンプを4度成功させた。ただ、得点が1・1倍になる後半に4回転サルコー(基礎点10・5点)からの連続ジャンプを予定していたが、2回転になるミス。基礎点は1・98点しかなく、出来栄え点(GOE)でも0・06点のマイナスだった。

 一方、チェンは4種類の4回転ジャンプを5度跳んだ。しかも、冒頭に高難度の4回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプを成功。基礎点17・90点に、GOEで2・43点が加点された。

 スケーティング技術や曲の解釈などを評価する演技構成点では、羽生がチェンを大きく上回った。それだけに、ジャンプのミスが惜しまれる。

 SP2位の宇野昌磨(中京大)はフリーは3位。冒頭の4回転ループを成功させたが、2度のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプの失敗が響き、技術点を伸ばせなかった。

写真・図版