【動画】東京・元赤坂の東宮御所での皇太子ご一家=宮内庁提供(音声はありません)

 天皇陛下が退位の意向をにじませたお気持ち表明後、初の会見に臨んだ皇太子さま。全体的に慎重さが目立ったが、思いがにじむ興味深い発言もあった。

 「図らずも、2日続けて、天皇陛下のお気持ちに触れることができたことに深い感慨を覚えます」。皇太子さまは会見で、昨年8月8日の陛下のお気持ち表明の前日に愛知県西尾市の岩瀬文庫で105代天皇・後奈良天皇(在位1526~57年)が写経した般若心経を目にしたエピソードを、こんな感慨を込めて紹介した。戦国時代を生きた後奈良天皇は、飢饉(ききん)や疫病が流行するなか、国家の平安を祈念し、書写した般若心経を各地の神社や寺に奉納したことで知られる。

 「疫病で多くの人々が死亡したのは、徳が十分でなかったためで心が痛む。般若心経を金字で写し、供養させることが疫病の妙薬となることを願う」。後奈良天皇はそんな思いを写経の奥書に記したという説明に、皇太子さまは興味深そうに聴き入ったという。

 実は天皇陛下も、象徴天皇のあるべき姿として後奈良天皇の名前を繰り返し挙げてきた。即位前に皇室のあり方を問われた際、嵯峨天皇以来の歴代天皇の「写経の精神」とともに、皇太子さまが言及した後奈良天皇による写経の奥書を紹介。これとは別に「国民の幸せを大切に考えるという精神が後奈良天皇にみられ、皇室の伝統として現在につながる」と宮内記者会に文書で回答したこともあった。「国民に寄り添い、喜びも悲しみも共にしたい。あえて奥書に言及したのは、陛下の姿勢を受け継ぐという意思表明ではないか」と皇太子さまと長く交流のある関係者は語った。

 「天皇陛下の路線を一生懸命に引き継いでいくという思いがよく伝わってくる会見だった」。神戸女学院大の河西秀哉准教授(歴史学)は会見をそう評した。陛下が昨年8月に表明したお気持ちを数多く引用していることから「象徴とはどうあるべきかを問うた、天皇陛下への回答だったとも言えるのでは」と指摘する。

 ただ、象徴天皇のあり方については慎重さがにじんだ。有識者の間でも、現陛下のように「精力的に活動してこそ意義がある」という意見と、「存在するだけでいい」という意見で分かれる。皇太子さまは「色々と今後とも勉強」するとし、「今の陛下の例に倣いつつ考えていきたい」と述べるにとどめた。

 日大の古川隆久教授(日本近現代史)は「皇太子さまの今のお立場で言うべきことを慎重にお答えになっている印象を受けた。このタイミングでは当たり障りのない範囲で、無難な回答をされたと思う」とみる。

 皇太子さまに近い関係者は「陛下をお支えする立場。将来の象徴天皇像に思いをめぐらせているが、まだ発言する時期ではないとのお考えでは」と話した。皇太子の立場を何よりも自覚し、日課とするお住まいの赤坂御用地内でのジョギングも「いつでも陛下のサポートができるよう体調管理を万全にしたい」との思いからだという。

ご一家でスキー

 皇太子さまはご家族への思いも語った。療養が続く雅子さまについて、公的な活動をこなすことが自信につながり、活動の幅が広がっていると紹介。愛子さまは一時期体調を崩していたが、今は普段通り学習院女子中等科に通い、皇族の務めに理解を深めていると述べた。近影で愛子さまはほっそりとした印象だが、3月にご一家でスキー旅行を予定するなど特に問題はないという。(島康彦、多田晃子)