[PR]

 将棋のカロリーナ・ステチェンスカ女流3級(25)=ポーランド出身=が20日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた対局で勝利し、規定により正規の女流棋士の資格を獲得した。外国人が将棋のプロになるのは初めて。

 女流名人戦の予選で、貞升南女流初段(30)と対戦した。貞升女流初段が攻め込んで優位に立ったが、ステチェンスカ女流3級が反撃を決めて逆転勝ちした。

 16歳の頃、マンガ「NARUTO」の登場人物が将棋を指しているのを見て、興味を持った。インターネットでルールを覚え、ネット対局で腕を磨いて、2013年に来日。15年10月には、仮免許に当たる「女流3級」になった。この日の勝利で「女流名人戦予選の決勝進出」という規定を満たし、正規のプロである「女流2級」への昇級を果たした。

 女流棋士制度は1974年に創設された。(村瀬信也