[PR]

 名古屋市は、金山総合駅(中区、熱田区)に直結する商業施設「アスナル金山」の解体を決めた。跡地には高層ビルを建てる方針。市は、10年後のリニア中央新幹線開業を視野に駅周辺の約41ヘクタールを再開発し、副都心機能の強化を目指す。

 アスナルは、2005年の開設で飲食店や雑貨店などが入る。駅北側に直結する利便性などから、買い物の拠点として定着。今や開設当初に比べて3割以上多い年間約500万人が訪れる。

 だが、市は「実験的な施設で、つくる当初から暫定開発が前提だった」として、アスナルを解体する方針だ。

 市がまとめた構想によると、跡地には新たな高層ビルを建設し、テナントとして民間業者を誘致する。下層部にはバスやタクシー乗り場のほか、災害時の避難場所になるオープンスペースを設ける。今後、住民や近隣の業者、アスナルの入居者などの関係者と議論し、ビルに誘致する業者を決めるという。

 市は、リニア開業に合わせ、ア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら