[PR]

 県警は昨年1年間の遺失物と拾得物の届け出状況をまとめた。ニシキヘビ、モモンガ、ハリネズミなどの珍しい生き物も拾得物として届けられたという。

 県警会計課によると、昨年8月17日夕、富士市の集合住宅の一室にニシキヘビ(体長約1メートル)がいるのを住民の男性が見つけた。その後、ヘビは富士署に拾得物として届けられ、飼い主が引き取ったという。モモンガとハリネズミについては保管期間の3カ月を過ぎても飼い主が見つからず、ブリーダーなどに引き取られたという。

 昨年は犬239匹、インコ84羽、猫62匹、カメ36匹なども拾得物として届けられた。

  遺失物の届け出は10万56…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら