[PR]

(冬季アジア札幌大会)

 カーリング男子日本代表のSC軽井沢クラブ(長野県)は22日、前日敗れた韓国に競り勝って決勝に進出した。最終の第10エンド、相手ストーンを一挙に2個はじき飛ばす大技「ダブルテイクアウト」を決めたのは、南富良野町出身の山口剛史(32)。仲間とともに観客席に向かってブルーム(ブラシ)を突き上げ、満面の笑みを見せた。

 小学生時代、元カーリング女子五輪代表の金村萌絵さん(32)の父・目黒義重さん(65)からカーリングを教わった。「『やれ』と言われることはなく、自分1人で黙々と練習していた。ほかの子とは競技への姿勢が違っていた」と義重さんは振り返る。

 自然に恵まれた南富良野で、夏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら