[PR]

 トランプ政権が、不法移民の取り締まり強化を打ち出した。だが巨大な経済格差を背景に、メキシコや中米諸国から不法入国する人の波は止まらない。彼らの存在抜きには、米国経済が立ち行かないのも現実だ。トランプ大統領は3200キロにわたる国境全体に「巨大な美しい壁を建設する」とぶち上げるが、実現可能性も効果も不透明だ。

 砂浜に立つさびた鉄柵の間に、顔を押し込むようにして、1人の少女が向こう側をのぞき込んでいた。

 トランプ大統領就任直後の1月下旬、メキシコ北部の町ティフアナ。米国との国境に設けられた巨大な柵沿いに市街地が広がる。柵は太平洋まで続いている。

 「今だ!」。周囲をうかがっていた父親らしき男性が、高さ5メートルほどの鉄柵をするすると登ったかと思うと、米国側に飛び降りた。

 「早く早く」。柵越しにせかされた少女は、足元の金網の破れ目から米国側に小さな体を滑り込ませた。

 2人は、遠くにカリフォルニア州第2の都市サンディエゴの高層ビル群が見える海岸を歩き始めた。だが駆けつけた米国境警備隊にあっけなく連行された。

 国境の状況を取材していた記者の目の前で起きた、瞬時の出来事だった。

 メキシコと米国の国境線は約3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら