[PR]

 ドラフト1位、戦力外通告、米国に渡り、マイナー契約からメジャー、そして北海道へ。日本ハムに今季から加わった右腕、村田透がたどってきた道のりだ。どん底からはい上がった31歳が、球団史上初の連続日本一へのキーマンになる。

 少し不思議な感覚で、村田の春季キャンプは始まった。「アリゾナは7年連続ですけど、日本語のなかでやっているのが変ですね。ちょっと前までは、英語やスペイン語ばかりだったので」。日本流に従い、2月1日の初日からブルペン入りして38球を投げ込んだ。

 大体大浪商高から大体大へ進み、2007年秋のドラフト会議で巨人から1位指名され、入団した。しかし、1軍登板を果たせないまま、10年のオフ、戦力外通告を受けた。渡米し、大リーグ・インディアンスとマイナー契約。地道にマイナーリーグで実績を積み、15年には1試合ながらメジャー登板も果たした。

 昨季はインディアンス傘下3A…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも