[PR]

 日産自動車のカルロス・ゴーン氏(62)が、約16年にわたって務める社長兼最高経営責任者(CEO)から今春退く。代表権のある会長にとどまって実権は維持するが、三菱自動車と仏ルノーを合わせたグループ全体の統括に専念することになる。

 「三菱自会長に就任し、(日産の)CEOを引き継ぐ適切な時期だと判断した。ルノー、日産、三菱自のアライアンス(連合)の戦略面や、事業上の進化により多くの時間をかける」。23日、共同CEOの西川(さいかわ)広人氏(63)が4月1日付でゴーン氏の代わりに社長兼CEOに就く人事の発表を受け、ゴーン氏はこうしたコメントを出した。

 ゴーン氏は、昨年12月に会長に就いた三菱自でも、経営の実務は益子修社長兼CEO(68)に任せ、自らは日産、ルノーを含めた全体の戦略を担うとの役割分担を明確にした。日産でも、西川氏に社長兼CEOを任せることで、三菱自と同様の経営体制とする。

 三菱自を傘下に収めたことで、2016年のグループ世界販売は996万台となり、1千万台規模の世界販売を誇る独フォルクスワーゲンやトヨタ自動車、米ゼネラル・モーターズとともに、世界4強の一角を占めた。厳しい競争を勝ち抜くため、グループ戦略を描く役回りをゴーン氏は担う。

 ゴーン氏は先月から、三菱自の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら