[PR]

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、27人が負傷した事件で、横浜地検は24日、元職員の植松聖(さとし)容疑者(27)を殺人など六つの罪で起訴し、発表した。精神鑑定の結果から、パーソナリティー障害で、完全な刑事責任能力を問えると判断した。逮捕から約7カ月に及んだ捜査が終結した。

 起訴された罪名は、19~70歳の入所者の男女19人への殺人▽入所者の男女24人への殺人未遂(9日から6カ月のけが)▽職員2人への逮捕致傷▽職員3人への逮捕▽園の敷地内に侵入した建造物侵入▽園内で包丁など5本を携帯した銃刀法違反――の六つ。

 植松容疑者は園の職員だった昨年2月、「障害者総勢470名を抹殺できる」「障害者は不幸をつくることしかできない」とする手紙を衆院議長公邸に持参。「抹殺後は自首」「逮捕後の監禁は最長2年、その後は自由な人生を」「心神喪失による無罪」などとも記していた。

 起訴状や捜査関係者によると、植松容疑者は事前に刃物やハンマー、結束バンドを準備し、昨年7月26日午前2時ごろに窓を割って園に侵入。職員を縛って重度の入所者を聞き出し、約45分間にわたり次々に襲いかかり、首を刺すなどしたとされる。ツイッターに「世界が平和になりますように」などと投稿したうえで、神奈川県警津久井署に出頭した。逮捕後は「障害者は周りを不幸にするのでいない方がよい」「日本のためにやった」などと独善的な供述をしたとされる。

 県警には計3回逮捕、5回追送検された。昨年9月からは、約5カ月にわたり精神鑑定を受けた。パーソナリティー障害は、物事の見方や人とのかかわり方が極端に偏っていたり、柔軟性のない振る舞いが広範囲にみられたりすることが診断の基準。米国の精神医学会の診断基準では妄想性、自己愛性など10のタイプがある。善悪を判断し、行動を制御する刑事責任能力には、影響しないとされている。(古田寛也、伊藤和也)

やまゆり園「見守っていく」

 津久井やまゆり園(相模原市緑区)を運営する社会福祉法人「かながわ共同会」の米山勝彦理事長は、植松聖(さとし)容疑者の起訴を受け、「裁判の今後の行方を注意して見守っていきます」とするコメントを出した。

     ◇

 津久井やまゆり園(相模原市緑区)の入倉かおる園長は、植松聖(さとし)容疑者の起訴を受け、「午前の園内会議で、職員約10人に『しっかりと裁判を見届けていきましょう。私たちがやるべきことは目の前の支援に取り組み、亡くなった方の冥福を祈ることです』と呼びかけた」とのコメントを出した。

     ◇

 相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件で、横浜地検が24日に発表した植松聖容疑者の起訴内容の要旨は次の通り。

建造物侵入罪

 社会福祉法人かながわ共同会「津久井やまゆり園」に入所している利用者のうち、意思疎通のできない障害者を多数殺害する目的で、2016年7月26日未明、相模原市緑区の同園敷地内に、通用口の門扉を開けて侵入した。

殺人罪と殺人未遂罪

 園内で、いずれも殺意をもって、入所者(当時19)ほか42人に対し、身体を柳刃包丁等で突き刺すなどし、入所者(当時19)ほか18人をそれぞれ腹部刺創による脾(ひ)動脈損傷に基づく腹腔(ふくくう)内出血等の各死因により死亡させて殺害し、入所者(当時51)ほか23人には、それぞれ全治約9日間ないし全治約6カ月間の前胸部切創、両手背挫創等の各傷害を負わせたにとどまり、その殺害の目的を遂げなかった。

逮捕致傷罪

 外部への通報等を防ぐなどのため、同園職員の身体を拘束しようと考え、職員(当時37)に対し、包丁様のものを示しながら「騒いだら殺す」などと申し向け、逃げ出した職員を転倒させ、その後頭部を床面に打ち付けさせる暴行を加えた。さらに結束バンドでその両手首を緊縛して同園内を連れ回し、別の結束バンドで廊下の手すりに縛り付けるなどし、不法に逮捕するとともに、全治約1週間の傷害を負わせた。

 また、職員(当時39)に対し、顔面に暴行を加えた上、結束バンドでその両手首を緊縛して同園内を連れ回し、さらに、別の結束バンドで廊下の手すりに縛り付けるなどしたが、職員が隙を見て逃げ出したため、その腕をつかんでトイレに連行し、同所の個室内の手すりに縛り付け、不法に逮捕するとともに、全治約2カ月間の傷害を負わせた。

逮捕罪

 職員(当時23)に対し、結束バンドでその両手首を緊縛した上、廊下の手すりに縛り付け、不法に逮捕した。職員(当時54)に対し、包丁様のものを示しながら「こっちに来い、早くしないと殺すぞ」などと申し向け、結束バンドでその両手首を緊縛した上、廊下の手すりに縛り付け、不法に逮捕した。

 職員(当時35)に対し、包丁様のものを示しながら、結束バンドでその両手首を緊縛した上、廊下の手すりに縛り付け、不法に逮捕した。

銃刀法違反罪

 業務その他正当な理由による場合でないのに、津久井やまゆり園内において、柳刃包丁等5本を携帯した。