[PR]

 オートバイ製造大手「ヤマハ発動機」(静岡県磐田市)が名古屋国税局の税務調査を受け、2014年12月期までの2年間に約7億2千万円の申告漏れを指摘されていたことが、同社への取材でわかった。過少申告加算税を含めた追徴課税は約2100万円。

 同社によると、ホームページ掲載用アニメなどの映像制作にかかった「広告宣伝費」約2億円のほか、開発用の設計ソフトウェアにかかった費用などの約2億円をそれぞれ、13年12月期に経費として計上。だが、これらの映像やソフトは翌年も使われたことから、14年12月期までの2年間にわけて計上するように国税局から指摘された模様だ。

 税務上、複数の決算期にわたって計上するべき経費などを1期で計上すると、その期の経費が実態よりも過剰となり課税額が減るため、申告漏れの指摘対象となる。

 同社はまた、外国企業との取引についても経理ミスを指摘されたという。同社広報グループは取材に「一部見解の相違はあったが、修正申告して全額納税した」と答えた。

 同社は1955年の設立。オートバイやモーターボートなどを製造・販売している。2016年12月期の単体での売上高は約6151億円。