[PR]

 KDDIは24日、災害で携帯電話が不通になった地域で、一時的に小型基地局を積んだドローンを飛ばし、通話や通信を可能にする訓練を東京都内で公開した。遠くの基地局の電波を中継し、ドローンを中心に半径約1キロの範囲で携帯電話が使えるようになる。

 3月から全国10カ所に1台ずつ試験配備する。ドローンの飛行時間は、現時点では約1時間で、災害直後の安否確認などの用途を想定している。将来はドローンを何度も飛ばして使える時間を延ばすことや、複数台を同時に飛ばし、リレー形式で遠くまで電波を中継することも目指す。(上栗崇)

こんなニュースも