[PR]

 福岡市に住み、路線バスのお世話になっている。本数が多く、数珠つなぎで走る様子も珍しくない。そんな福岡の都心部に、1日に1本しか止まらないバス停があることを知った。これは一体?

 博多駅から1~2キロの博多区東比恵、同区豊。目抜き通りの「百年橋通り」(国道3号など)沿いに、「東光小学校前」「榎田町」「八郎町」の三つのバス停が並ぶ。博多駅とひばりが丘団地(福岡県宇美町)を結ぶ西日本鉄道の38番系統という路線の一部だ。

 東光小学校前は、ひばりが丘団地方面の下りが午前8時13分、博多駅方面の上りは午後6時27分の各1本しかなく、運行は平日のみ。ほか二つのバス停も同様だ。西鉄に尋ねると、昨年10月のある日の調査では、三つのバス停の利用は1日0~3人だった。

 1月のある朝。東光小学校前で下りのバスを待った。乗り降りしたのは自分1人だけ。車内には十数人の客がいて、次の榎田町で6人が降りた。市内の男性会社員(65)は「職場がこの近くなんです」。通勤客が大半だ。

 別の日の夕刻、ひばりが丘団地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら