[PR]

 大相撲の横綱白鵬が26日、京都市の上賀茂神社で奉納土俵入りとトークショーを行い、新横綱稀勢の里について、「一番応援していたのは私」と語った。

 同神社で77年前に土俵入りした双葉山にふれ「連勝を止めた安芸ノ海は横綱になった。私の記録を止めた稀勢の里は大関でうろちょろしていたけど、なれてよかった」と笑いを誘った。

 春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)は4横綱が番付に並ぶ。イベント後の取材では「夢の時代。さらに力が入ると思う」と気合十分だった。