[PR]

 下関市中心部にある市立神田小学校(江本弘幸校長)が今年度で62年間の歴史に幕を閉じる。26日に閉校式があり、児童や卒業生、保護者や地域の人たち約300人が別れを惜しんだ。4月から近くの桜山小学校に統合される。

 神田小は1955年に開校した。JR下関駅に近く、児童数が増え続け、ピークの62年には1546人が学んでいた。俳優の故・松田優作さんも卒業生だ。しかし、近年は少子化が進み、今年度は49人にまで減っていた。

 閉校式では、6年生の田村克人君(11)と星野香菜さん(12)が「たくさん笑ってたくさん泣いて、充実した日々を過ごせたのも神田小があったから。閉校してもずっと私たちの心の中にいます」とあいさつ。会場の全員で校歌を歌った。

 閉校式の後に記念行事もあった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら