[PR]

 米映画界の祭典、第89回アカデミー賞の授賞式が26日(日本時間27日)、米ハリウッドで開かれ、外国語映画賞で、トランプ米政権の移民政策への抗議のため授賞式を欠席したイランのアスガー・ファルハディ監督の「セールスマン」が受賞した。授賞式で読み上げられたメッセージで、ファルハディ氏は「自分と敵という二つに分断することは、恐怖や戦争へのまやかしの正当性を生み出す」と述べ、社会を分断するとしてトランプ政権を批判した。

 ファルハディ氏は、2011年の「別離」に続く2度目の同賞受賞。今回ノミネートに際し、イランなど7カ国の国民や難民の入国を一時禁止するトランプ大統領の大統領令を強く批判し、抗議のために授賞式を欠席すると表明していた。

 欠席の理由について、ファルハディ氏はメッセージの中で「私の国(イラン)と他の6カ国の人々の米国入国が、非人間的な決まりのために禁止されたためだ」と説明した。

 トランプ政権の移民政策には、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも