[PR]

 宅配業者が、効率的に配達しようと、受け渡し用のロッカーを駅や商業施設に続々と設けている。ネット通販の伸びに人手の確保が追いつかないなか、留守に伴う再配達を減らす。自宅の外で受け取りたいニーズにも応える。

ネットで手続き、料金無料

 27日、宅配最大手ヤマト運輸が出資するパックシティジャパン(東京)が、名古屋市の金山、千種、大曽根の各駅で宅配ロッカーのサービスを始めた。

 利用者は「クロネコメンバーズ」に会員登録しておくと、自分あてに荷物が発送された場合にメールが届く。希望すれば、受取場所を自宅ではなくロッカーに指定できる。

 手続きはネットででき、料金は無料。いずれはヤマト以外が扱う荷物も受け取れるようになる見込みだ。

 金山駅を通勤に使う共働きの女性(56)は「便利になる」と話す。「再配達に指定した時間はお風呂にも入れないし、配達員に家の場所を知られるのも嫌」だからだ。

 パックシティジャパンのロッカーは東京や大阪を中心に170カ所以上あり、22年までに5千カ所に増やす計画。東海3県ではこの日の3カ所が初めてで、来月1日には名古屋、鶴舞、刈谷の3駅でもサービスを始める。

 ネット通販大手の楽天も一昨年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら