[PR]

 2017年度政府予算案は27日の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決され、参院に送られた。27日の衆院通過は戦後2番目の早さに並ぶ。憲法の規定で参院送付後30日で自然成立するため、今年度中の成立が確実になった。

 17年度政府予算案の歳出規模は97兆4547億円。高齢化で年金や医療などの社会保障費が膨らむ一方、防衛費や公共事業費も増えたことから5年連続で過去最大となる。

 一方でここ数年、数兆円伸びていた税収は、16年度当初比で1080億円の微増にとどまる。歳入穴埋めのための新たな国債(国の借金)発行額は、16年度当初より622億円減らしたが34兆3698億円となった。

こんなニュースも