[PR]

 米国のジョージ・W・ブッシュ元大統領が27日、米NBCテレビのインタビューで「メディアは民主主義にとって不可欠だ。私のような人間に説明責任を果たさせるため、メディアは必要だ」と述べた。ブッシュ氏は、報道機関を「米国民の敵」と呼ぶトランプ氏を、同じ共和党の大統領経験者として戒めた格好だ。

 ブッシュ氏は「権力は時にひどい依存症を引き起こし、腐敗することがある。メディアが、権力を乱用する者に説明責任を要求するのは重要だ」と語った。

 さらに、「例えば、(ロシアの)プーチン大統領のような人間に、独立した報道機関の概念を受け入れるよう説得するのに、多くの時間を費やした」と自らの大統領時代を述懐。「我々自身が報道の独立性や報道の自由を望まないのなら、他国にそれを説得するのは困難だ」と述べ、米国こそ報道の自由を主導すべきだとの考えを示した。

 トランプ氏は批判的なメディアを「フェイク・ニュース(偽ニュース)」と呼んで敵視。オフレコの会見から、批判的な報道機関を排除するなどしている。

 ブッシュ氏は大統領選でも、トランプ氏への不支持を表明していた。(ワシントン=佐藤武嗣