[PR]

 母親に反発するばかりの少女から会社を支えようと張り切る若手社員へ。NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」で主人公の一人娘さくら役を演じる井頭愛海(いがしらまなみ)。15歳のいま、役と一緒にのびやかに成長中だ。

 見た目はもちろん、口調や目線まで、主人公すみれ役の芳根(よしね)京子に似ていてドキリとする。「あえて似せようとは思っていないので、演じるうちに雰囲気が近づいているならうれしい」

 撮影現場でも、髪の質が一緒だと発見したり、食事のあとパンくずを付けたまま取材を受けて、メイクさんに「お母さんと一緒やん」と言われたり。ほおをぶたれた初の共演シーンから母娘がだんだん打ち解けたように、芳根との距離も縮まった。「台本と現実の同時進行で役をつくっていけた」

 いま高校1年。学校で「あ、芳…

この記事は有料会員記事です。残り366文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。