[PR]

 生まれつき骨がもろい難病で、2年前にくも膜下出血で倒れながら歌い続ける歌手の米良美一(めらよしかず)さん(45)が28日、府立金岡高校(堺市)で特別ゲストとして講演した。「私の病気は治らず、歌えなくなる日が来るかもしれない。怖がってもしょうがない。皆さんも未来を恐れず、最後まで自分を応援する気持ちを忘れないで」とエールを送った。

 講演は、元放送作家の和栗隆史校長(55)が、一歩を踏み出す勇気を学んでもらおうと始めた。これまでに「ホリエモン」こと堀江貴文さんらを招いてきた。今回は作家時代に親交があった米良さんに依頼した。

 米良さんは、約1100人の生徒の前でアニメ映画「もののけ姫」の主題歌を歌った。難病の「先天性骨形成不全症」で15歳までに30回近く骨折を繰り返したといい、曲がったままの両手を生徒に見せた。

 もののけ姫のヒット時は、身長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら