[PR]

 東京電力ホールディングスは31日、数土文夫会長(76)の後任に日立製作所名誉会長の川村隆氏(77)、広瀬直己社長(64)の後任に東電取締役の小早川智明氏(53)が就く人事を発表した。福島第一原発の賠償などの国民負担が膨らみ、東電株の過半を握る政府が経営陣の刷新の必要があると判断した。

 同日の指名委員会と取締役会で決めた。6月末の株主総会日付で就任する。取締役13人のうち10人が新任で、社長も大幅に若返る。数土氏と広瀬氏は取締役も退く。広瀬氏は代表権のない執行役副会長として、引き続き福島第一原発事故の対応にあたる。

 川村氏は日立会長兼社長としてリーマン・ショックで低迷していた業績を回復させた力量を買われた。経済産業省が昨秋に設けた東電改革の有識者会議のメンバーとして改革案をまとめ、同案による新再建計画の陣頭指揮を担うことになる。小早川氏は法人営業が長く、昨年4月に販売子会社「東京電力エナジーパートナー」社長に就任。家庭向けの電気販売でソフトバンクなど他社との提携を進めた。(米谷陽一)

     ◇

 川村隆氏(かわむら・たかし) 東大工卒、62年日立製作所に入り、日立マクセル会長などを経て、09年4月に日立製作所会長兼社長。16年6月から名誉会長。77歳。

     ◇

 小早川智明氏(こばやかわ・ともあき) 東工大工卒、88年東京電力(現東京電力ホールディングス)に入り、常務執行役を経て、16年4月から東京電力エナジーパートナー社長。53歳。