[PR]

 トランプ米大統領が米時間の2月28日、米議会に向けて行った演説は、選挙期間中や就任式の演説と比べて落ち着いたトーンだったが、多くのテーマは共通していた。印象的なフレーズを読み解いた。(中井大助

差別解消の必要性を訴える

 「我々は、いかなる形であっても、憎悪と悪を非難することで一致して立つ国だ」

 We are a country that stands united in condemning hate and evil in all of its very ugly forms

 トランプ氏は演説の冒頭で、最近ユダヤ教徒の墓地が荒らされた事件などに触れ、国内の差別解消の必要性を訴えた。事件が発生してもあまり言及しないことを批判されてきたが、姿勢が一転した。

偉大さの新しい章の始まり

 「米国の偉大さの新たな章が今、始まっている」

 A new chapter of American Greatness is now beginning

 就任演説では米国の惨状を訴えたが、今回は新たに明るい時代が始まっていると位置づけ、ケネディ元大統領が就任演説で用いた「(世代から世代へ)たいまつが継がれる」という表現も使った。「米国を再び偉大にする」という選挙スローガンを意識しながらも、トーンの違いを象徴する言葉となった。

Roaring back

 「死にそうな産業が再び、一気に活性化する」

 Dying industries will come roaring back to life

 「roar」は「ほえる」という意味。トランプ氏は製造業など、衰退した産業が一気によみがえるという意味で使った。

■過激なイスラム主義…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら