[PR]

 家庭での虐待などが原因で売春に追い込まれた女子中高生らを保護している団体が、実態を知ってもらおうと、中京区のギャラリーで「私たちは『買われた』展」を開いている。だまされるなどして売春させられ、心身に傷を負った少女たちが置かれた厳しい現状を紹介している。

 主催しているのは、彼女らに食事や安心して過ごせるシェルターを提供している一般社団法人Colabo(コラボ)(東京)など。少女が「買われる」背景にある家庭での虐待や貧困を知ってもらおうと、14~26歳の少女24人とともに企画した。男性に乱暴されて傷つけられたり、家庭で虐待されたりした経験などを明かした約100点のパネルや日記を展示している。

 荒れた家庭で育ったある少女は高校1年の時、求人サイトで「観光案内の仕事」に応募。面接に行くと「おじさんとデートする仕事だ」と言われた。抵抗はあったが、「高校生もたくさん働いている」などと説得されて始めると、大勢の男性から性行為を求められた。高校の担任に相談しても「汚い」と拒絶されて途方に暮れ、コラボに電話をして助けを求めたという。今は、同じ境遇にいた少女らと支え合い、自分たちの経験を発信する活動に携わっている。

 コラボ代表の仁藤夢乃さん(2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら