[PR]

松井孝治・慶応大教授(元民主党参院議員)

 首相官邸は「中空構造」だった。1994年春に通商産業省(当時)から官邸スタッフになったとき、こう感じた。各省中心の縦割り行政。首相は各省のみこしの上に上手に乗って、上手に操作すればいいという先人の知恵だった。

 これは本当に国のための仕組みなのか。首相や官邸のリーダーシップを強める必要があると感じたのが、政治改革や行政改革に取り組む原体験として強烈に刻み込まれた。

 橋本政権が進めた「橋本行革」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも