[PR]

森友学園への国有地売却問題

 「森友学園の件で、あらぬ疑いをかけられているのではないかと思って、きちんと話をしておかないといけないと思った」

 東京・麴町の参議院議員宿舎で1日午後7時半ごろ、急きょ開かれた鴻池祥肇議員の記者会見。鴻池議員はこう切り出し、籠池理事長と知り合った経緯などを話し始めた。

 鴻池議員は、知人を通じて学園の講演に出るように頼まれ、当初は子どもたちの姿をみて「態度がすばらしいと思った。私の思想に合うと思った」と言う。

 会見で鴻池議員の口調が強くなったのは、3年前に籠池理事長夫妻が議員会館を訪れた際の様子を説明した時。理事長の妻が泣きながら「紙に入った物」を差し出した様子を再現した。ただ、「無礼者」「政治家の顔を銭ではたくのは教育者とは違う。帰れ」と言って突き返したと、身ぶり手ぶりで説明した。

 面会時間は2、3分。紙に入った物の厚さを指先で示し、「金なのかコンニャクなのかは知らん。(中身は)確かめていない」などと話した。

 会見では、現在の森友学園への心境を聞かれ、「あんなの教育者にしたらいかん。幼稚園もよくない。(小学校は)認可せん方がいい」と言い放った。

 一方、1日の参院予算委員会で、小池議員が示した紙については「どんな紙なのか知らない」と話した。ただ、事務所では面会記録を全部保管しているという。